ホワイトニング歯磨き粉で自宅で歯を白くする

ホワイトニング歯磨き粉で歯を白くしましょう!

いつも使っている歯磨き粉をちょっと変えるだけで、白い歯になれるというのをご存知ですか?
歯磨き粉には実はホワイトニング用歯磨き粉というのがあるのです。

 

普段使っている歯磨き粉をホワイトニング歯磨き粉に変えるだけで簡単に歯の着色汚れを落とすことができます。ホワイトニング歯磨き粉というのは、主に歯についた黄ばみや汚れを取ってくれる効果があります。

 

歯が黄色くなるメカニズムというのは、歯のエナメル質という白い部分に着色汚れという黄色い汚れがこびり付き、白いはずの歯が黄色く見えてしまうという現象です。

 

ですので、この黄色い着色汚れを取り除いてあげる事で、あなたの本来の白い歯を取り戻す事ができます。ですが、着色汚れを取るのは容易ではありません。普通の歯磨き粉では取れないのです。

 

取れるとうたっていても効果が非常に薄いので汚れが気になっているかたは本格的なホワイトニング歯磨き粉を使う必要があります。

 

丁度、服にお醤油をこぼしてしまって染みが取れないのと同じように、シミは普通の洗濯では何度洗っても黄色っぽく残って落ちないですが、シミ取り剤というのを使えばその黄色は限りなく薄まります。
またはきれいに取れてしまいます。

 

そのような適材適所という事が歯でも同じ原理なのです。むし歯をなくしたい人は普通の歯磨き粉を、黄ばみをなくしたい人にはホワイトニング歯磨き粉なのです。

 

ホワイトニング歯磨き粉の選び方

 

実はホワイトニング歯磨き粉は、むし歯を防ぐのもホワイトニングにおいて大切な点です。
むし歯予防の点でもひけを取らないどころか優秀なので、両方を兼ねているんですけどね。

 

ホワイトニング歯磨き粉を使いたいと思っていらっしゃるかたに1つ注意して欲しいことがあります。
それは研磨剤の入っていないホワイトニング歯磨き粉を使うことです。

 

研磨剤というのは歯磨き粉にたいてい入っている成分ですが、それが歯を傷つけてしまい、その傷に着色汚れが入り込み、さらには取れにくくなってしまうのです。

 

ドラッグストアで市販の安い歯磨き粉には研磨剤の入ったものが多いので注意しましょう!

 

ですのでホワイトニング歯磨き粉選びの際には、研磨材不使用と書いてあるものを選んでいただきたいです。研磨材といっても、歯や舌で感じることはできないほど細かい成分になりますので、硬いハブラシで力いっぱいゴシゴシと歯に傷をつけるような磨き方などは問題外です。

 

力いっぱいごしごし磨かないようにしましょう。最近では通販を筆頭に研磨剤の入っていない、歯にやさしく効果の高いホワイトニング歯磨き粉が増えてきました。

 

ぜひそういったものを使って歯を白くしていきましょう。
いつまでも健康できれいな歯でいるように日々、意識して歯を大事にしていきましょう。


ホーム ホワイトニング効果の成分 2種類のホワイトニング 自宅で歯を白くする方法 歯のクリーニング 保険適用のケース